初回ご予約フォーム お問い合わせ よくある質問
保険診療
アキレス腱周囲炎
TOP保険診療 > アキレス腱周囲炎

アキレス腱周囲炎

アキレス腱とは?

アキレス腱は人体最大の腱であり、腓腹筋やヒラメ筋が折り重なってできています。その役割は、腓腹筋やヒラメ筋の力を踵(かかと)へ伝えることであり、これにより、歩行や跳躍などの運動、つま先立ちなどが可能になっています。


アキレス腱周囲炎とは?

アキレス腱の表層にはパラテノンと呼ばれる腱上膜があり、アキレス腱は血流豊富なパテラノンに包まれています。アキレス腱とパラテノンの間には組織液が含まれており、摩擦を軽減しています。またアキレス腱の奥の方にはKager’s fat padと呼ばれる脂肪組織がありアキレス腱へ血流を供給しています。 アキレス腱周囲炎は、アキレス腱に繰り返し負荷がかかることにより、パラテノンや脂肪組織に炎症が生じ、肥厚したり癒着することで痛みを引き起こします。特徴的な症状としては、運動時、アキレス腱に痛みが生じたり、圧痛があります。状態が悪化すると運動後にも痛みが持続します。 通常アキレス腱は1トンまでの負荷にも耐えうるほどの強靭な腱ですが、 繰り返し負荷がかかることでアキレス腱周囲炎が進行し、微細損傷(アキレス腱炎)を引き起こします。さらに変性が進むと腱の断裂(アキレス腱断裂)に至る場合もあります。


アキレス腱周囲炎のイメージ画像

主な原因

アキレス腱周囲炎は、アキレス腱に繰り返し負荷がかかることが原因で発症します。 足首は多くの体重がかかる部位で、走ったり、ジャンプするなどの動作で体をわずかにねじる癖があったり、骨盤が左右にブレたりすることでアキレス腱周囲が過度に引っ張られます。このような動作が繰り返されるとアキレス腱周囲に過剰な負担が生じ、炎症が引き起こされ、結果としてアキレス腱周囲炎を発症します。


アキレス腱周囲炎になりやすいケース

  • ・普段あまり運動をされない方が突然運動をした時
  • ・普段から運動をされている方でも限界以上の運動負荷をかけ続けた時
  • ・体の使い方にのある方
  • 扁平足(へんぺいそく)の方
  • 底のすり減った靴などを履いている方

診断・ご自身がアキレス腱炎かどうかの目安

アキレス腱の炎症(圧痛や腫れ、熱感等)を確認し、足首を動かして圧痛の場所が移動するか確認します。痛みの場所が移動するとアキレス腱炎、移動しなければアキレス腱周囲炎が疑われます。

※画像所見
当院ではまず超音波エコーでアキレス腱の状態を確認していきます。 アキレス腱周囲の肥厚や炎症が有無、アキレス腱の線維に微細な損傷がないかなどを調べ診断してきます。 場合によってはMRI撮影を行い、アキレス腱およびその周囲の信号変化を確認します。


治療方法

<保存療法>

当院では理学療法士が患者様のアキレス腱の炎症に対して、高周波温熱治療超音波治療で患部の炎症を抑えていきます。また足の形状や使い方のクセや姿勢評価から、アキレス腱に負担がかかっている原因を探り、ストレッチや筋力強化、インソールやテーピングで根本的な原因を改善し痛みを軽減していきます。

<体外衝撃波療法>

保存療法でも改善しない痛みや変性したアキレス腱に体外衝撃波を行います。当院では最新型「ディオリスSD1」による体外衝撃波治療が可能です。
体外衝撃波療法の詳しい情報はこちら>>

<PRP療法>

体外衝撃波療法PRP療法を併用してアキレス腱の再生を促していきます。
PRP療法の詳しい情報はこちら>>


痛みが気になる方は、ぜひ診察にいらしてください。
初診予約フォームへ

初回ご予約フォーム
※未成年の患者様へ
初診は、基本親御様同伴でお願いしております。

再診ご予約フォーム 別ページへ
<<
>>
診療時間【予約制】
  月・火・水・木・金・土
    午前10:00~14:00
    午後15:00~19:00

休診日:
  日曜・祝日

診療疾患:
  膝や腰の痛み、肩のコリや痛み
  関節や筋肉の痛み・しびれ
  スポーツによるケガやその予防など
簡単WEB診断
痛みを治したいカラダ、スタイルを整えたいセカンドオピニオン希望の方
ページTOPに戻る