初回ご予約フォーム お問い合わせ よくある質問
保険外診療
TOP保険外診療 > ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射

近年、皮膚のシワ・たるみを改善する方法として「ヒアルロン酸注射」が注目されています。ヒアルロン酸といえば、コラーゲンと並んでお肌にいいイメージがあると思います。しかし、注射となると、効果や安全面などに不安がありチャレンジできていないという方も多いのではないでしょうか。
そこで、ヒアルロン酸注射を受けるか迷われている方や、正しい知識を得たいという方に向けて、ヒアルロン酸注射について、わかりやすく解説いたします。


ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は人間の体内に元々存在するゼリー状の物質で、ムコ多糖類(体の「循環」と「代謝」を助けてくれる)の1つです。強い粘り気や弾性を持ち、皮膚では真皮内に多く含まれるほか、皮膚や筋肉、軟骨など体のさまざまな部位にあり、細胞同士をつなぐ役割を担っています。
真皮には主成分のコラーゲンが網目状に存在しており、ゴムのように弾力性を持って肌の土台として支えています。その網目状の隙間を埋め尽くすように満たし、コラーゲンの弾力性を高めているのがヒアルロン酸です(断面図参照)。
ヒアルロン酸は非常に高い保水力があり、ヒアルロン酸自体の質量の600倍もの水分を蓄える力があります。乾燥した空気の中でも水分を逃さないほど保湿性に優れた成分で、肌の潤いを保つために大切なものです。


皮膚の断面図皮膚の断面図のイメージ画

シワ・たるみの原因とは?

加齢によるヒアルロン酸の減少が原因です。若いうちは細胞の働きが活発で、ヒアルロン酸が順調に生成されるのですが、加齢により、ヒアルロン酸の生成量も減少していきます。20歳までを100%とすると、30歳で70%、50歳で40%、60歳になると約25%に減ってしまうという驚きの事実があります。 そのため、十分な水分を保持できず、真皮の構造がスカスカになり、表皮を支えられなくなることで、シワやたるみが発生するのです(下図参照)。

シワが出来た皮膚断面図のイメージ画

以上のような理由から、シワ・たるみの対策として減少したヒアルロン酸を補う必要が出て来ます。


どのようにヒアルロン酸を摂取すると効果的?

まず、食べ物やサプリメントで摂取する方法ですが、体内でアミノ酸に分解されてしまうため、残念ながら速攻でダイレクトに肌に効くということはありません。効果がゼロではありませんが、効果を感じるまでには長い時間がかかります。
次に、ヒアルロン酸を配合した化粧水ですが、肌の中までヒアルロン酸を吸収できるかどうかは、その分子の大きさにかかってきます。通常のヒアルロン酸を含む化粧水は肌の表面しか保湿できませんが、ナノレベルまで小さくしたヒアルロン酸なら、肌の中まで吸収することも可能と言われています。
最後に、「ヒアルロン酸注射」ですが、ヒアルロン酸をシワやたるみの気になる部分に注入することで、肌が下から持ち上げられ、深くなったシワを目立たなくすることができます。ダウンタイムも短いことから、直後からその効果を実感でき、さらに保湿効果も期待できます。


「ヒアルロン酸注射」の安全性とデメリット

すでにご説明した通り、ヒアルロン酸は元から体内に存在する成分です。そのため、アレルギーを引き起こす可能性が低いことから、安全性の高い方法として知られています。しかしながら、ヒアルロン酸注射も100%安全というわけではありません。成分自体の副作用の可能性がかなり低いとはいえ、腕の未熟な医師によって注射されてしまうと皮膚がダメージを負うこともあります。また、もともと人の体内にある成分ですのでなじみが良い反面、吸収されやすく、定期的にケアをしないと効果が持ちません。そのためコンスタントなメンテナンスの必要性が生じます。
以上のようなリスクを把握した上で、腕の確かな医師による施術を受けることをオススメします。


Dr.KAKUKOスポーツクリニックで使用しているヒアルロン酸製剤は?

Dr.KAKUKOスポーツクリニックでは、皮膚に対して、スイス「TEOXANE社」のヒアルロン酸注入剤「テオシアル®」を採用しています。 現在、「テオシアル®」は、ヒアルロン酸注入剤の販売数で世界トップ3の製品です。また、2008年Aesthetic Medicine Awardsの「年間最優秀注入剤賞」を受賞し、患者様の満足度、治療結果、効果の持続期間、使用感、カスタマーサービスなどの12の選考基準において高い評価を得た、高品質で安全性の高いヒアルロン酸注入剤です。用途別に濃度や組成、金額の異なる15種類以上のラインナップがあり、当院では患者様に適したものを金額もご相談しながら選んで使用します。

▼主な特徴

1.アレルギー検査不要な高い安全性

テオシアル®100%非動物性ヒアルロン酸を使用しているため、アレルギー検査は不要です。70万本以上の使用データを分析した結果、副作用を報告した症例は、15,000例中1例未満で、それも注入部位に限定された一時的なものとのことです。

2.濃度が高く、粒子が均一な高品質ヒアルロン酸

テオシアル®は、ヒアルロン酸を封入しているジェルも滑らかな均一ジェルで、赤みや腫れの原因の一つと考えられるタンパク質量を極めて少なく(5μg/g未満)しています。また、現在あるヒアルロン酸注入剤の中でも高い濃度(25 mg/ml)であるため、高い治療効果が期待できます。

3.高い保水能力

テオシアル®のヒアルロン酸はそのほとんどが架橋ヒアルロン酸です。(Enhancersを除く)したがって、ヒアルロン酸同士が相互に結合して密集したマトリクス構造を形成して、皮膚の弾力性を維持します。さらに、ヒアルロン酸の重量の1000倍の吸水能力を持つ高水和性のため皮膚のみずみずしさを保ちます。

4.長い持続期間

ヒアルロン酸のデメリットは効果を持続するには継続的に注入しなければならないことです。従来のヒアルロン酸は最長で6ヶ月程度でしたがテオシアル®は製品種類や個人差により持続期間は異なりますが、およそ6ヶ月から12ヶ月です。ヒアルロン酸が吸収された後、さらに効果を持続させるには追加の治療が必要になります。

5.治療箇所に適したラインアップ

テオシアル®は症状に対して最適な効果が得られるように様々な種類をラインナップされています。額・手の深いシワ、額・首・手の年齢ジワなど、各部位・症例に応じてヒアルロン酸を使い分け、効果の高い治療を行えます。


「ヒアルロン酸注射」と「ボトックス注射」の違いとは?

「ヒアルロン酸注射」「ボトックス注射」は、どちらもシワやたるみの改善(予防)の効果が期待できる人気の施術(注射)です。しかしながら、シワやたるみを目立たなくするメカニズムは違います。
すでにご説明した通り、「ヒアルロン酸注射」は、シワやたるみを下から盛り上げるものです。凹んでいるところを盛り上げてシワやたるみを浅くする施術です。
対して、「ボトックス注射」は、ボツリヌス菌から作られたタンパク質の一種を皮膚に注入することで筋肉の緊張を緩和し、皮膚が引っ張られる効果を利用してシワやたるみ(凹んでいるところ)を改善(平に)する施術になります。

それでは、どちらの注射(施術)を選択したら良いのでしょうか?
「ヒアルロン酸注射」「ボトックス注射」とでは期待する作用が異なります。そのため、ご自身の症状や目的に合わせて使い分けていただく必要があります。また、「ヒアルロン酸注射」「ボトックス注射」を併用して注射(治療)を行うことにより、より効果が得られるケースもあります。
下記「ラインラップ・料金」ページでも簡単に両方の違いを記載しておりますが、もし迷われましたら、お気軽にご来院いただき、医師とご相談の上、ご自身に合ったプランを決めていただければと思います。


ラインナップ・料金

こちらのページをご覧下さい>>


ヒアルロン酸注射のご予約はこちらより。

初診予約フォームへ

お電話をご希望の方、当クリニックにご来院したことのあるお客様は下記お電話より

Tel:03-5784-1101

初回ご予約フォーム
再診ご予約フォーム 別ページへ
<<
>>
診療時間【予約制】
  月・火・水・木・金・土
    午前10:00~14:00
    午後15:00~19:00

休診日:
  日曜・祝日

診療疾患:
  膝や腰の痛み、肩のコリや痛み
  関節や筋肉の痛み・しびれ
  スポーツによるケガやその予防など
簡単WEB診断
痛みを治したいカラダ、スタイルを整えたいセカンドオピニオン希望の方
ページTOPに戻る