東京・渋谷・代官山の整形外科 Dr.KAKUKOスポーツクリニック 東京・渋谷・代官山の整形外科 Dr.KAKUKOスポーツクリニック 初回ご予約フォーム お問い合わせ よくある質問
MENU
保険外診療
TOP保険外診療 > ダイエットと美ボディ

ダイエット(肥満・肥満症・メタボ対策等)と美ボディ



当クリニックの理念「健康であることは美しい」は、体型管理体脂肪体重筋肉量)にも及びます。 その人に合ったダイエット肥満肥満症メタボ対策等)と、美ボディ作り並行して行うことがベストと考えています。 また、アスリートにとっても、適切体型管理は、ケガ予防疲れにくい体作りに繋がるため、とても重要と言えます。


肥満・肥満症とは?

肥満とは、身体体脂肪(脂肪)が過剰蓄積した状態を言います。そして、肥満症とは、医学的治療(減量)を必要とする症状のことを言い、疾患として扱われます。近年、日本食生活の欧米化運動不足から、肥満肥満症)になる方が急増しています。肥満肥満症)は、糖尿病高血圧脂質異常症などの生活習慣病をはじめとした多くの病気原因となるため、見た目と共に、健康作りにおいても肥満肥満症)の予防・対策重要な位置づけを持っています。

肥満(肥満症)イメージ画像

一般的に人間の体(骨、筋肉、内臓など)20代で成熟し、それ以降はあまり変化しないと考えられています。つまり、30代以降体重が増加した場合、その中身は、ほぼ脂肪ということになります。
では、どの位脂肪が付いたら肥満肥満症)となるのでしょうか?

▲ページ内メニューへ戻る


肥満度チェック(BMI)

まず一般的に、肥満肥満症)の判定には、国際的な標準指標であるBMI(Body Mass Index)という計算式が用いられます。
下記が肥満度チェックするためのBMI計算式になります。
※体重のみにフォーカスした視点で考えられた指標

肥満度BMI計算式 BMI=体重[kg]/(身長[m]×身長[m])

日本では、標準BMI男女共22.0とされています。これは統計上、肥満肥満症)との関連性が高いとされる生活習慣病に、最もかかりにくいとされる数値(最も病気になりにくく、健康で長生きできる体重)であることが理由です。

また、日本肥満学会が定めた基準では、BMI値が、18.5未満低体重18.5以上~25未満普通体重25以上肥満とし、肥満はその度合いによって肥満(1度)~肥満(4度)に分類されます(下表参照)。

肥満度分類表

※日本肥満学会及び厚生労働省e-ヘルスネットより

BMI(kg/m2) 判定 WHO基準
< 18.5 低体重 Underweight
18.5 ≦ BMI < 25.0 普通体重 Normal range
25.0 ≦ BMI < 30.0 肥満(1度) Pre-obese
30.0 ≦ BMI < 35.0 肥満(2度) Obese class I
35.0 ≦ BMI < 40.0 肥満(3度) Obese class II
40.0 ≦ BMI 肥満(4度) Obese class III
※ただし、肥満(BMI ≧ 25.0)は、医学的減量を要する状態とは限らない。
BMI ≧ 35.0を高度肥満定義する。

例えば、Aさんが、身長170cm体重73kgの場合、
BMI73[kg] /(1.70[m]×1.70[m])=25.259…
となり、肥満(1度)の判定になります。

次に、Aさんの目標体重計算してみます。
目標体重は、下記の式より算出できます。

目標体重[kg] = 目標BMI × 身長[m] × 身長[m]

Aさんの目標BMIを、仮に標準BMI22とした場合、

目標体重[kg] = 22 × 1.70[m] × 1.70[m] = 63.58[kg]

となり、Aさんは現状73kgから約10kg痩せる目標体重になることが分かります。

しかし、体重だけでは判断できないこともあります。それは見た目美しさ(引き締まった体かどうか)です。BMI値身長体重から計算されたになります。仮にBMI値高くても、その人が脂肪過多なのか筋肉質なのか判断できません脂肪筋肉よりも軽い組織(細胞)だからです。痩せているように見えても体脂肪率が高いBMI値は低いけれども体脂肪率が高い場合は、いわゆる隠れ肥満の状態と言えます。

理想的引き締まった健康的な体を目指すためには、BMI値に加えて、体脂肪適切な範囲でコントロールすることが重要なポイントになってきます。

▲ページ内メニューへ戻る


体脂肪とは?

体脂肪とは、体に蓄えられる脂肪総評です。体脂肪(脂肪)は食事からの摂取が主体となりますが、エネルギーの摂取量消費量よりも多い場合(摂取量>消費量)に、体脂肪(脂肪)が多い(太る)という状態になります。
体脂肪(脂肪)は、体の中のどこに付くかで呼び方が違い、

  • ・皮下につく「皮下脂肪
  • ・内臓周囲につく「内臓脂肪
  • ・筋肉の間につく「筋細胞外脂肪

に分けられます。

太る(体脂肪が多い)

一般的によく知られているのは、洋ナシ体型になりやすい「皮下脂肪型肥満」と、リンゴ体型になりやすい「内臓脂肪型肥満」です。

▲ページ内メニューへ戻る


皮下脂肪とは?

皮下脂肪とは、皮膚の下に蓄積された脂肪のことで、体型崩れる脂肪、皮膚の上からつまむことができる脂肪のことです。女性に多いのが特徴で、洋ナシ体型に見える下半身太りは、この皮下脂肪原因になります。というのも、皮下脂肪存在理由の一つは、女性妊娠出産授乳時に備えての蓄えと考えられているためです。主にお腹お尻太もも二の腕などに付きます。

皮下脂肪型肥満(洋ナシ型)

皮下脂肪は、生活習慣病とあまり関係が無いのですが、一度付くと落ちにくいという欠点があります。見た目の体型が崩れるだけでなく、この皮下脂肪が必要以上に増えると、腰痛なったり肩が痛くなったりと、その重みに耐えきれなくなった体の部位痛みを引き起こす原因に繋がります。また、内臓を圧迫し、様々な弊害をもたらすこともあるため注意が必要です。
一般的に、男性よりも女性の方が皮下脂肪を気にされている方が多いのではないでしょうか?美しいボディラインを保つためには、皮下脂肪多さネックになるためです。よく勘違いしてしまうのが、「痩せれば美しくなる」という考え方です。実は、美ボディを目指すためには、筋肉やし体脂肪らす必要があります。筋肉脂肪よりも重いため、筋トレをすると体重が増えることもあります。つまり体重だけにこだわっていると誤ったダイエットをしてしまう、ということになりかねません。
また、ダイエット(肥満肥満症))においてカロリー意識される方が多いと思いますが、人間の体は一日に必要なカロリーを摂取できないと、食事が取れなかった時のために体がエネルギーを蓄える(カロリーの消費を抑える)ようになり、代謝悪い体になってしまいます。代謝悪くなると、逆に痩せにくい体になるため、ダイエット(肥満肥満症))が出来なくなることに繋がります。体全体サイズダウンしてしまうことにもなり、特に40代以降急激ダイエットをすると老け込んでいるように見えて、逆に貧相に見えるというデメリットもあります。また、偏った食事極端に少ない食事リバウンド原因に繋がりますので注意が必要です。
美ボディを手に入れたいのなら、正しい知識と対策を取る必要があると言えます。

▲ページ内メニューへ戻る


内臓脂肪とは?

内臓脂肪とは、内臓の周りに付く脂肪のことで、ポッコリお腹が出て、リンゴのような丸い体型になるのが特徴です。大人の男性に多いタイプの脂肪でしたが、最近は、若い男女・子どもにも増えています。隠れ肥満原因とも言われています。内臓脂肪短期間で付きやすく落ちるのも早いという特徴があります。体重はあまり変わらないやせ型普通体型の人でも、お腹(ウエスト)あたりが太くなったら要注意です。なぜなら、この内臓脂肪は、生活習慣病深い関係がある脂肪だからです。

内臓脂肪型肥満(リンゴ型)


筋細胞外脂肪(EMCL)とは?

筋肉ターンオーバー繰り返しており、使えば増えていきますが、使わないと衰えて劣化していきます。運動不足に陥ると、本来筋肉なるべき細胞がきちんと育たず脂肪類似したような形態になり、本来あるべき筋肉張りや、機能果たさなくなります。
こういった組織を「筋細胞外脂肪」という言い方をする場合があります。このような筋肉の状態だと、皮膚底上げしている筋肉の張りなくなりますので、仮に痩せていても、あまり美しいボディラインとは言えない、という状態になりかねません。そもそも運動不足原因ですので、運動せず食べ物だけダイエットをするのではなく、筋肉元となる栄養をきちんと取り、質の良い筋肉育てることが筋細胞外脂肪(ECML)対策と言えます。

▲ページ内メニューへ戻る


美ボディとは?

美ボディとは、読んで字のごとく、美しいボディラインを持った体型のことです。美ボディを目指すことで、お腹周りや、太ももお尻二の腕のように気になる箇所を美しいシルエットに出来るほか、質の良い筋肉多く付くことで基礎代謝が高くなり、脂肪燃焼効率も上がり、太りにくい体を手に入れることができます。

ボディメイク

美ボディを目指す手段として、筋膜リリース効果的と考えられています。ここでいう筋膜とは、筋肉を包む膜のことではなく、筋肉と筋肉、あるいは皮膚と筋肉の間にある結合組織のことです。この筋膜の水分によって筋肉の滑走性が良くなっているのですが、加齢運動不足長時間の同姿勢特定の筋肉の使いすぎなどの原因により、水分が失われて滑走性が低下して固くなってしまいます。筋膜リリースとは、水分バランスが崩れて、本来の滑走性を失い固くなった結合組織委縮や癒着を、注射や施術などを行い正常な状態に戻すことです。筋肉こわばりや張りを解きほぐし関節可動域を拡大することができ、代謝が良くなり、美ボディを目指すのに効果的と言われています。

▲ページ内メニューへ戻る


ダイエット(肥満・肥満症・メタボ対策等)や美ボディを目指せるメニュー一覧

▼医師の診察の基、ダイエット(肥満・肥満症・メタボ対策等)や美ボディを目指したい方

<メディカルカウンセリング>

医師が、その方に合った理想的な体づくりご提案します。
前記でも書かせていただいた通り、美しいボディただ痩せている体ではありません。体重を落とすべきなのか、体脂肪を落とすべきなのか、筋肉量を上げるべきなのか、筋膜リリースの処置が必要なのか他、医師その方にとって最適な方法ご提案させていただきます。
メディカルカウンセリングの詳細はこちら>>


▼短期間で皮下脂肪を落とし、美ボディを目指したい方

<医療用痩身機「リポセル(LIPOcel)Ⅱ」>

当院では皮下脂肪原因肥満肥満症対策や、美しいボディラインを作ることが可能な医療用痩身機リポセル(LIPOcel)Ⅱ」を導入しております。痛みなし、ダウンタイムなし、リバウンドなし、安心・安全切らない脂肪吸引機(ダイエットマシン)と言わる医療用痩身機になります。
当院では、リポセル(LIPOcel)Ⅱに、アスレティックトレーナーによる効果的なエクササイズ(質の良い筋肉作り)も組み合わせたオリジナルメニューをご用意し、より美しいボディラインを目指せるようになっております。
リポセル(LIPOcel)Ⅱの詳細はこちら>>


▼運動療法で脂肪を落とし、美ボディを目指したい方

<エクササイズ講座・レッスン>

当院では、ヨガピラティスジャイロキネシス日米プロ野球選手トレーニングも受託していたスタッフが行う美筋メソッドなど、様々なダイエット肥満肥満症メタボ対策)や美ボディ目指せるメニューをご用意しております。
エクササイズ講座・レッスンはこちら>>


▲ページ内メニューへ戻る

この時期を利用して、日頃抱えている悩みを解消させませんか?

当院では、職員全員を対象に隔週PCR検査を行っております。安心してご来院下さい。
※また、職員新型コロナウイルスワクチン接種2回完了しております(5/16時点)。
Dr.KAKUKOスポーツクリニックの新型コロナウイルス感染症対策はこちら>>


初診のご予約はこちらより
初診予約フォームへ

初診のご予約をお電話でご希望の方はこちら
Tel:03-5784-1101

※未成年の患者様へ
初診は、基本親御様同伴でお願いしております。
診療時間【予約制】
  月・火・水・木・金・土
    午前10:00~14:00
    午後15:00~19:00

休診日:
  日曜・祝日

診療疾患:
  膝や腰の痛み、肩のコリや痛み
  関節や筋肉の痛み・しびれ
  スポーツによるケガやその予防など
★必読:キャンセルポリシー
保険診療 / 自費診療


ページTOPに戻る