東京・渋谷・代官山の整形外科 Dr.KAKUKOスポーツクリニック 東京・渋谷・代官山の整形外科 Dr.KAKUKOスポーツクリニック 初回ご予約フォーム お問い合わせ よくある質問
MENU
ランニングによるスポーツ障害
TOPスポーツ障害 > ランニング障害一覧

ランニングによるスポーツ障害


シンプルに走るスポーツのマラソンですが、実は最もケガが多いスポーツというデータがあります。また、スポーツ障害60%ランニングが原因というデータもあります。
ランニングの際には体重の約3倍の負荷が身体にかかると言われています。そのため、ランニング初心者や、身体の一部に過度な負荷がかかるようなフォームでランニングを続けるなど、同一部位に負荷が蓄積され続けると、身体に炎症や痛みといった症状が現れることがあります。
以下に、ランニングやジョギングが原因で起こる主なランニング障害をご紹介いたします。





腸脛靱帯炎(ランナー膝)

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)は、ランナー膝とも呼ばれる陸上競技、特に長距離ランナーに多くみられるランニング障害です。足を酷使した際に膝の外側にズキズキとした痛みを感じるのが特徴です。
陸上競技だけでなく、自転車競技やバスケットボールなどでも見られます。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

腸脛靭帯炎(ランナー膝)に関する詳細情報はこちら>>

▲一覧へ戻る




膝蓋腱炎(ジャンパー膝)

膝蓋腱炎(しつがいけんえん)ジャンパー膝とも呼ばれるランニング障害です。多くは、バレーボールやバスケットボールなどジャンプ動作を繰り返す競技や、ランニングやサッカーなど走る動作を繰り返す競技で、膝を酷使することにより起こるランニング障害です。
膝のお皿(膝蓋骨)のすぐ下辺り(膝蓋腱)が痛む場合は膝蓋腱炎(ジャンパー膝)の疑いがあります。

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)

膝蓋腱炎(ジャンパー膝)に関する詳細情報はこちら>>

▲一覧へ戻る




鵞足炎(がそくえん)

鵞足炎膝の内側(下方の脛骨の周囲)痛みが生じるランニング障害です。 鵞足とは、膝を曲げたり伸ばしたりする動作に必要な縫工筋(ほうこうきん)、薄筋(はくきん)、半腱様筋(はんけんようきん) の3つの筋肉の(筋肉と骨をつなぎとめている線維組織)が、脛骨(けいこつ)の上部に付着している部分を指します。鵞鳥(がちょう)の足のような形であることから、鵞足と呼ばれています。
この鵞足部分押す足に抵抗を加えながら膝を曲げる膝を一杯まで伸ばすなどの動作で痛みを感じる方は鵞足炎の疑いがあります。

鵞足炎

▲一覧へ戻る




シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

シンスプリントは、脛骨過労性骨膜炎(けいこつかろうせいこつまくえん)とも呼ばれるランニング初心者が陥りやすいランニング障害です。運動中や運動後に足のすねの内側(下方1/3あたり)に痛みが生じます。
サッカー、バスケットボールやバレーボールなど、ダッシュやジャンプを繰り返すスポーツでも多い症状で、主に筋力が不足していたり、オーバーユース(使い過ぎ)などが原因で発症します。

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

▲一覧へ戻る




疲労骨折

疲労骨折とは、同一部位の骨小さな疲労が蓄積されることで起こる骨折です。
ランニングの場合、着地時の衝撃が蓄積されることで起こります。部位は、下腿(膝から足首までの2本の骨)のうち、内側(太い方)の脛骨(けいこつ)という骨でよく生じます。その他に、足の甲にある中足骨(ちゅうそくこつ)という骨も疲労骨折が生じやすいです。痛みが引かずに長引くとき、疲労骨折の疑いがあります。

疲労骨折

疲労骨折に関する詳細情報はこちら>>

▲一覧へ戻る




アキレス腱周囲炎

アキレス腱周囲炎は、ランニングやジャンプ等の動作を繰り返すことによって、アキレス腱に繰り返しの負荷がかかり、アキレス腱周辺の組織(パラテノンと呼ばれる腱上膜や皮下脂肪)に炎症が生じ、肥厚したり癒着することで痛みを引き起こすランニング障害です。
ランニングの場合、主に上り坂等で蹴る動作をする時に、アキレス腱への負担が大きくなるため注意が必要です。特徴的な症状としては、ランニング中に、アキレス腱に痛みが生じたり、圧痛があります。状態が悪化すると、ランニング後にも痛みが持続します。

アキレス腱周囲炎

アキレス腱周囲炎に関する詳細情報はこちら>>

▲一覧へ戻る




足底腱膜炎(そくていけんまくえん)

足底腱膜炎とは、足底腱膜(足の裏に張られている強靭な腱の膜)がランニングなど足底に負荷のかかる動作を繰り返すこと(オーバーユース)により炎症を起こし、痛みが生じるランニング障害です。特徴的な症状として、「起床時の歩き出し時に足の裏に痛みが生じる」「しばらく歩いていると痛みがなくなる」などがあげられます。

足底腱膜炎

足底腱膜炎に関する詳細情報はこちら>>

▲一覧へ戻る




治療方法

当院はスポーツ整形外科として、患者様のかかえるランニングに伴うケガの内容・状態、ご希望も伺った上で、数ある治療法の中から、患者様にとって最適な治療法をご提案させていただきます。

▼治療法(例)

運動療法理学療法士が行うリハビリテーション
痛みの原因となっている体の硬さや使い方にアプローチし、丁寧に治していきます。
先進・再生医療PRP療法PFC-FD療法体外衝撃波治療
痛みを取ったり、傷んだ組織を再生させる治療法です。
その他高周波温熱治療超音波治療関節内注射ステロイド注射など

痛みを取るだけでなく、長くランニングを楽しむために、まずは一度診察にいらして下さい。


この時期を利用して、日ごろ抱えていたケガや痛みを完治させませんか?

当院では職員全員を対象に隔週PCR検査を行っています。安心してご来院下さい。
職員新型コロナウイルスワクチン接種2回完了しております(5/16時点)。
Dr.KAKUKOスポーツクリニックの新型コロナウイルス感染症対策はこちら>>


少しでも痛みが気になる方は、お早めに一度ご来院下さい。
初診予約フォームへ

※未成年の患者様へ
初診は、基本親御様同伴でお願いしております。
診療時間【予約制】
  月・火・水・木・金・土
    午前10:00~14:00
    午後15:00~19:00

休診日:
  日曜・祝日

診療疾患:
  膝や腰の痛み、肩のコリや痛み
  関節や筋肉の痛み・しびれ
  スポーツによるケガやその予防など
★必読:キャンセルポリシー
保険診療 / 自費診療


ページTOPに戻る