初回ご予約フォーム お問い合わせ よくある質問
保険外診療
TOP保険外診療 > PRP-FD(PFC-FD)療法

PRP-FD(PFC-FD)(血小板由来因子濃縮物-フリーズドライ化)療法

PRP療法と比べて、成長因子の総量が約2倍(※TGF-β)


まず、PRP療法とは?

PRP療法(自己多血小板血漿注入療法)は、患者様ご自身の血液中に含まれる血小板を利用した再生医療であり、血小板の成分だけを高い濃度で抽出し、患部注射することで、損傷した組織の修復(自然治癒力)が促進され、「早期治癒」「痛みを軽減」させる効果が期待できる治療法です。

PRP療法とは? 「PRP療法」に関する詳しい情報はこちら>>


PRP-FD(PRP-FD(PFC-FD))療法とは?

PRP-FD(PFC-FD)療法とは、PRP療法同様、患者様ご自身の血液からPRP-FD(PFC-FD)作製患部注射する治療法です。注射後、損傷した組織の修復(自然治癒力)が促進され、「早期治癒」「痛みを軽減」させる効果が期待できます。

1.ご自身の血液から作製したPRPご自身の血液から作製したPRP        ↓
2.PPP(platelet poor plasma)の除去+活性化ご自身の血液から作製したPRP        ↓
3.platelet-derived factor concentrate(pfc)血小板由来因子濃縮PPP(platelet poor plasma)の除去+活性化        ↓
4.無細胞化 FD(フリーズドライ化)PPP(platelet poor plasma)の除去+活性化        ↓
5.注入PPP(platelet poor plasma)の除去+活性化


PRP-FD(PFC-FD)療法とPRP療法の違いは?

PRP-FD(PFC-FD)療法PRP療法の違いは、PRP-FD(PFC-FD)療法は作製したPRPをさらに活性化させ、血小板に含まれる成長因子だけを抽出無細胞化した上で濃縮している(成長因子の総量がPRP療法の約2倍(※TGF-β)点で、これをフリーズドライ加工することにより、長期保存も可能(※PRP療法は採血当日)PRP-FD(PFC-FD)(血小板由来因子濃縮物-フリーズドライ化)を作製することが可能になります。
また、PRP-FD(PFC-FD)療法は、体外成長因子抽出無細胞化するため、PRP療法より痛みが少ない治療法でもあります。

PRP-FD(PFC-FD)(血小板由来因子濃縮物-フリーズドライ化) - PRP(多血小板血漿注入療法)基本情報 比較表

基本情報 PRP-FD(PFC-FD)
(血小板由来因子濃縮物-フリーズドライ化)
PRP
(多血小板血漿注入療法)
成長因子の総量 (PRPの約2倍※)
注射後の痛み 少ない あり
投与日 採血から約3週間後 採血当日
保存期間 約半年間 当日のみ
※:Araki et al. Tissue Engineering: Part C, 18:3,176-185, 2012
PRP-FD(PFC-FD)療法とPRP療法の料金比較はこちら>>
PRP療法の詳細情報はこちら>>


PRP-FD(PFC-FD)の特徴

  • 1.成長因子総量PRP療法の約2(※TGF-β)
  • 2.注射後の痛みPRP療法より少ない
  • 3.フリーズドライ加工(FD)するため、6ヶ月間保存可能
    ※PRP療法は採血当日


PRP-FD(PFC-FD)療法が効果的な患者様

PRP療法と効用は同じです※。
詳しくはこちら(PRP療法ページ)をご覧下さい>>
※PRP療法と効用は同じですが、PRP-FD(PFC-FD)療法は1回の採血で作製する量が多く、保存も効くため、複数回注射を打つ必要がある症状の場合は、PRP-FD(PFC-FD)療法向きと言えます。
※PRP療法のトリプル相当が1バイアルとなるため、使用する量が多い変形性膝関節症の患者様にオススメです。


PRP-FD(PFC-FD)療法の大枠の流れ

  • 1.問診・診察
  • 2.患者様から、49mlの血液を採血
  • 3.血液検査(HBV,HCV,HIV,梅毒,HTLV-1)を行なった上で、PRP-FD(PFC-FD)を作製(活性化成分抽出/フリーズドライ化)
  • ※血液検査、PRP-FD(PFC-FD)の作製に約3週間かかります。
    ※血液検査でPRP-FD(PFC-FD)治療不可となる場合があります。その際は、診察と血液検査費用のみ患者様負担となります。

  • 4.PRP-FD(PFC-FD)を患部に注射
PRP-FD(PFC-FD)治療の流れ


PRP-FD(PFC-FD)療法の施術費用

下記のPRICE LISTページでご確認ください。
PRICE LISTはこちら>>


PRP-FD(PFC-FD)療法をご希望の方へ

  • リハビリ等で通院中の方は、理学療法士又は医師にご相談下さい。
  • 初診・最初診で当院へいらっしゃる方は、医師の診察を受けて頂き、治療が適応になるか判断させていただきます。

この時期だからこそ、日ごろ抱えていたケガや痛みを完治させませんか?

Dr.KAKUKOスポーツクリニックの新型コロナウイルス感染症対策はこちら>>


初診・再初診のご予約はこちらより
初診予約フォームへ

初診・最初診でお電話をご希望の方はこちら

Tel:03-5784-1101

※未成年の患者様へ
初診は、基本親御様同伴でお願いしております。
診療時間【予約制】
  月・火・水・木・金・土
    午前10:00~14:00
    午後15:00~19:00

休診日:
  日曜・祝日

診療疾患:
  膝や腰の痛み、肩のコリや痛み
  関節や筋肉の痛み・しびれ
  スポーツによるケガやその予防など
★必読:キャンセルポリシー
保険診療 / 自費診療


Dr.KAKUKOオンラインクラスバナー
ページTOPに戻る