初回ご予約フォーム お問い合わせ よくある質問
保険外診療
TOP保険診療 > 変形性膝関節症(ひざ痛)

変形性膝関節症(ひざの痛み)

変形性膝関節症(OA)とは?

変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)は、クッションのような役割をしている膝(ひざ)関節軟骨半月板が、使いすぎ加齢などによりすり減っていくことにより、関節内に炎症が起きて、水がたまったり、関節が変形したりして腫れ痛みを生じる疾患です。

変形性膝関節症とは

日本人40歳以上の方で、ひざの痛みで悩まされている方は、おおよそ800万人いると言われていますが、その多くは変形性膝関節症によるものと考えられています。男女比1:4女性に多くみられ、高齢者になるほど変形性膝関節症になりやすいとされています。
また、変形性膝関節症は、ロコモティブシンドローム運動器症候群)の原因となる代表的な病気の1つとされています。


変形性膝関節症(OA)の症状

変形性膝関節症の主な症状は、「ひざの痛み」と「水(関節液)がたまる」ことです。 初期の段階では立ち上がりや歩き始めなど動作の開始時に膝に痛みが現れます。そのほとんどが一側性(片方)に生じます。最初は休息したり、様子を見ていると、ひざの痛みが治まる程度ですが、放置していると、数ヶ月から数年おきに症状(ひざ痛)を繰り返しながら進行し、かばっていた反対側ひざも痛くなってきます。進行すると、安静にしていてもひざの痛みが取れず、階段の昇り降りや正座が困難になり、日常生活にも支障を来たすようになります。O脚変形が進行することもあります。さらに進行すると、ひざの変形目立つようになり、ひざが伸びなくなり、歩行が困難になります。

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症(OA)の原因・なりやすい人

変形性膝関節症は、ひざの関節軟骨の摩耗や変性が主な原因です。ひざを支える筋力の低下や、筋力で支えられないほどの体重が引き金となって、変形性膝関節症になる場合が多いです。また、運動のしすぎで、ひざの関節軟骨の摩耗を早める場合もあります。その他、骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することもあります。
もう少し詳しくご説明しますと、人間は立っている状態で、体重の4~6倍の負荷がひざの関節にかかると言われます。そのため、筋力の低下使い方の癖体重の増加などが原因で、関節面の正しい位置に、均等に体重が乗らなくなると、一部の軟骨だけに過度な負担がかかり、軟骨が磨耗します。軟骨が摩耗すると、関節の慢性的な炎症や変形を起こす原因になり、変形性膝関節症になりやすくなると言えます。

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症の主な種類を挙げますと、階段を降りる時や、椅子から立ち上がる際に、ひざの前側が痛む膝蓋大腿関節症しつがいだいたいかんせつしょう)」は太ももの筋肉量や筋力の低下で起こりやすく、一般的には、中高年(50歳以上)の女性に多いと言われています。

変形性膝関節症になりやすい中高年(50歳以上)の女性

一方、ひざの内側に痛みを感じる「内側型変形性膝関節症」は、体幹や臀部(お尻)、太ももなどの筋力の低下肥満も原因の一つになります。

変形性膝関節症になりやすい肥満の方

ちなみに、日本人は特に変形性膝関節症になりやすいというデータもあります。和式日本の生活習慣による下腿(ひざから足首まで)の変形や、深くひざを曲げる習慣が一因と考えられています。ですが、近年は生活スタイルが欧米化し、年齢層により徐々に病態も変化しつつあります。

変形性膝関節症になりやすい中高年(50歳以上)の女性

変形性膝関節症(OA)の診断

変形性膝関節症診断は、まずは問診でどのような痛みなのかをヒアリングし、ひざ関節動く範囲ひざの腫れひざの痛みひざに変形があるかどうか、ひざの使い方の癖などを確認します。その上で、ひざX線(レントゲン)検査膝関節状態を診断します。半月板靭帯損傷確認する場合は、エコーおよびMRIを使用します。

K-L分類(Kellgren-Lawrence分類)

Grade ひざ(骨)の状態 ひざのX線画像
正常なひざのレントゲン画像 K-L分類のgrade0画像
変形性膝関節症疑われる状態。
関節裂隙狭小化※1は無。骨棘※2骨硬化※3が見られることがある。
K-L分類のgrade1画像
変形性膝関節症初期段階
ひざ関節の隙間が狭く(25%以下)なったり、骨棘が出来始めている状態。
K-L分類のgrade2画像
変形性膝関節症進行期
ひざ関節の隙間がさらに狭く(50~75%)なったり、はっきり確認できる程の骨棘や骨硬化が生じたりする。
K-L分類のgrade2画像
変形性膝関節症末期
ひざ関節の隙間がさらに狭く(75%以下)なり、消失することもある。大きな骨棘が形成され、骨の変形も顕著に認められる。
K-L分類のgrade2画像
※1 関節裂隙狭小(かんせつれつげききょうしょう):関節のすき間の小ささ
※2 骨棘(こっきょく):骨の縁にトゲのような変形が生じること。
※3 骨硬化(こつこうか):骨同士がぶつかり合い、硬くなっている状態。X線画像ではより白く映る。


変形性膝関節症(OA)の治療方法

▼じっくり着実に治療していきたい方向け

<保存療法(※保険診療)

当院では患者様の変形性膝関節症に対して、患部(ひざ)に強い痛みのある場合は、水腫(すいしゅ)の除去関節内へのヒアルロン酸注射高周波温熱治療超音波治療などをご提案し患部(ひざ)の炎症を抑えていきます。
また医師の診察後、理学療法士が、ひざの痛みを発生させる原因となる体の使い方バランスの不十分な部分を評価し、また患者様の希望される日常生活レベルを伺い、適切にリハビリテーションによる治療を行います。併せて、普段心掛けること自主トレーニング方法をご提案させていただきます。
体重のバランスなどを運動で十分に改善できない場合、足底板(インソール)サポーターなどの装具治療もご提案いたします。

▼早めに治療したい方向け

<短期的に体重をコントロールして膝の痛みを取りたい人>

過体重(太り過ぎ)が原因と考えられる場合は、体重をコントロールしながら筋力をつける肥満(肥満症)メニュー(保険外)のご提案もいたします。
当院ではリポセルと運動を併用した肥満(肥満症)メニューがございます。
リポセルの詳しい情報はこちら>>

<PRP療法(※保険外診療)

当院では、変形性膝関節症に対して、PRP療法PFC-FD療法といった先進医療も行なっています。患者様ご自身の血液中に含まれる血小板を利用した再生医療で、海外では10年以上の実績があり、野球の田中将大選手や、大谷翔平選手が行なったことでも知られている治療法です。
変形性膝関節症におけるPRP療法・PFC-FD療法の適応は、K-L分類gradeⅡ以上と考えますが、gradeⅠでも半月板や靭帯などの損傷がある場合は適応となります。
PRP療法の詳しい情報はこちら>>
PFC-FD療法の詳しい情報はこちら>>

<体外衝撃波療法(※保険外診療)

当院では、変形性膝関節症に対して、体外衝撃波療法も行っています。衝撃波患部(ひざ)照射することで除痛効果が期待できる、整形外科領域では新しい治療法になります。体操の内村航平選手が、世界選手権前に取り入れた治療法としても知られています。当院では最新型「ディオリスSD1」による体外衝撃波療法が行えます。
体外衝撃波療法の詳しい情報はこちら>>

この時期だからこそ、日ごろ抱えていたケガや痛みを完治させませんか?

Dr.KAKUKOスポーツクリニックの新型コロナウイルス感染症対策はこちら>>


変形性膝関節症(膝の痛み)でお悩みの方は、ぜひ診察にいらしてください。

初診予約フォームへ

初診・最初診でお電話をご希望の方はこちら

Tel:03-5784-1101

※未成年の患者様へ
初診は、基本親御様同伴でお願いしております。
診療時間【予約制】
  月・火・水・木・金・土
    午前10:00~14:00
    午後15:00~19:00

休診日:
  日曜・祝日

診療疾患:
  膝や腰の痛み、肩のコリや痛み
  関節や筋肉の痛み・しびれ
  スポーツによるケガやその予防など
★必読:キャンセルポリシー
保険診療 / 自費診療


Dr.KAKUKOオンラインクラスバナー
看護師・理学療法士・事務職募集
ページTOPに戻る