初回ご予約フォーム お問い合わせ よくある質問
保険外診療
TOP保険外診療 > PRP療法

自己多血小板血漿(PRP)注入療法

自己多血小板血漿(PRP)注入療法は、海外では10年以上の実績があり、ヤンキースの田中将大選手や、エンゼルスの大谷翔平選手が、右肘の靱帯損傷PRP療法を行なったことでも有名な治療法です。


自己多血小板血漿(PRP)注入療法とは?

自己多血小板血漿(PRP)注入療法は、患者様ご自身の血液中に含まれる血小板を利用した再生医療であり、血小板の成分だけを高い濃度で抽出し、注射する治療法です。

スポーツ医学では肘や膝、靭帯損傷・骨折などの治癒を高める目的で行われている治療法です。従来、テニス肘、ゴルフ肘、ジャンパー膝などの膝の膝蓋腱炎、アキレス腱炎には、ステロイド剤を注射していました。靭帯損傷や骨折では、固定して時間を待つしかありませんでした。しかし、近年の医学研究の発達に伴い、ステロイド剤を全く使用しない、新しい安全な治療法が開発されました。それが、自己多血小板血漿(PRP)注入療法です。


PRP療法

PRP療法が「早期治癒」や「痛みを軽減」させる理由

傷やケガが治るときに、どうして治るか考えた事がありますでしょうか?
実は、血液中の血小板には組織修復(自然治癒力)を促進する様々な成長因子、サイトカインなどの分子が多く含まれており、これらの分子が周囲の細胞に働きかけ、損傷した組織の修復(自然治癒力)が促進され、「早期治癒」や「痛みを軽減」させる効果が期待できると言われています。


PRP療法が効果的な患者様(※一例)

スポーツ外傷・障害

自己PRP注入療法により、テニス肘、またはゴルフ肘と呼ばれる肘内側・外側上顆炎、ジャンパー膝と呼ばれる膝蓋腱炎、アキレス腱炎、足底腱膜炎などの腱付着部症や、肉離れ、筋・腱断裂、靱帯損傷などのケガをより早期に治癒させる確率を高め、慢性化した腱や靱帯由来の痛みを軽減する効果が見込まれます。 そのため、一日でも早い復帰が必要なプロアスリートや、重要な試合まで時間との戦いのトップアスリート、テニスやゴルフの愛好家の方などの外傷・障害の治療として効果的な治療法です。

スポーツ外傷・障害

PRP治療の大枠の流れ

患者様から、通常の採血検査で採血する量とほぼ同量の約10mlの血液を採血させて頂きます。特殊な精製キットを使用して、血液中にある血小板のみを精製し、血小板濃度を通常の血液の約3~7倍に高く濃縮した、自己多血小板血漿 (PRP) を作製し、これを患部に注射します。

自己多血小板血漿 (PRP) の作製  自己多血小板血漿 (PRP) を注射


PRP療法の安全性・注意点

<安全性>

すでにご説明した通り、採血前まで患者様の体に流れていた、本来は傷を治す働きのある血小板を精製して少量注入するだけですので、肝炎などのウイルス感染の危険性やアレルギー反応を起こす心配もなく安全と言えます。さらに、PRP療法は、再生医療法が適用されますので、安全性は担保されていると言えます。

<注意点>

(1)注射当日

1時間程度の患部を安静にしていただきます。また帰宅後は激しいトレーニングやマッサージ、禁酒禁煙をお願いしております。

(2)翌日〜1週間

注射後3~4日は細胞の活発な代謝が行われますので腫れやかゆみ、赤みや軽い痛みなどがありますが、その後自然に消失して行きます。

(3)3週間~4週間後

一度診察を行い、経過をチェックします。腱炎や腱付着部炎等の場合、一度で治る方もいますが、痛みが軽くはなったがまだ残っている、と言う場合にはご希望に応じて同様な処置を2~3回程度繰り返すのが一般的です。


PRP療法の施術費用

下記のPRICE LISTページでご確認ください。
◆PRICE LISTはこちら>>


痛みが気になる方は、ぜひ診察にいらしてください。
初診予約フォームへ

初回ご予約フォーム
※未成年の患者様へ
初診は、基本親御様同伴でお願いしております。

再診ご予約フォーム 別ページへ
<<
>>
診療時間【予約制】
  月・火・水・木・金・土
    午前10:00~14:00
    午後15:00~19:00

休診日:
  日曜・祝日

診療疾患:
  膝や腰の痛み、肩のコリや痛み
  関節や筋肉の痛み・しびれ
  スポーツによるケガやその予防など
簡単WEB診断
痛みを治したいカラダ、スタイルを整えたいセカンドオピニオン希望の方
ページTOPに戻る