東京・渋谷・代官山の整形外科 Dr.KAKUKOスポーツクリニック 東京・渋谷・代官山の整形外科 Dr.KAKUKOスポーツクリニック 初回ご予約フォーム お問い合わせ よくある質問
スポーツ障害 ランナー膝
TOPスポーツ障害 > ランナー膝

ランナー膝(腸脛靭帯炎)


ランナー膝(腸脛靭帯炎)とは?

ランナー膝(腸脛靭帯炎)は、膝の外側痛くなるスポーツ障害です。長距離(マラソン)ランナーでよく発症することから、通称「ランナー膝」と呼ばれています。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)とは?



ランナー膝(腸脛靭帯炎)の症状

ランナー膝(腸脛靭帯炎)の主な症状は、膝の外側(やや上部)にある大腿骨外側上顆(だいたいこつがいそくじょうか)と呼ばれる骨が出っ張った部分周囲痛みを生じます。初期症状は運動中(特に膝を踏み込んだ時)や運動後に痛み、安静にしていると痛みが消えます。しかし、症状が悪化すると、歩行時や安静時にも膝の外側に痛みを感じるようになります。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)の症状



ランナー膝(腸脛靭帯炎)の原因・メカニズム

ランナー膝(腸脛靭帯炎)の主な原因は、荷重や下肢のねじれオーバーユース(使い過ぎ)です。わずかに荷重のバランスや下肢のアライメントがねじれた状態でも膝の屈伸運動ランニングやジャンプ)を繰り返すことで、太ももの外側についている靭帯腸脛靭帯)と大腿骨外側上顆(膝の外側上方にある骨のでっぱり)が何度も擦れるようになり、腸脛靭帯の接触面が炎症(滑膜炎)を起こし、膝の外側にズキズキとした痛みが発生します。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)のメカニズム



ランナー膝(腸脛靭帯炎)になりやすい人

  • ・陸上競技者、主に長距離(マラソン)ランナー
  • 膝に繰返し負荷のかかる動作を行っている方(自転車、スキー、登山、バレーボール競技者等)
  • ランニング初心者や、下肢(足)筋力が弱い
  • 下肢(足)筋肉が硬い
  • ・O脚(内反変形)などで体重外側にかかりやすい


こんな人はランナー膝(腸脛靭帯炎)の疑いあり

  • 運動中運動後膝の外側痛みを感じる
  • ・ある程度の距離走る痛みを生じる
  • ・主に下り坂走る時に痛みが増す
  • 足(膝)曲げた状態から伸ばす時痛みを生じる


ランナー膝(腸脛靭帯炎)のチェック方法

grasping tes(グラスピングテスト)
膝を90°曲げた状態から、膝の外側上部2~3㎝(大腿骨外側上顆と腸脛靭帯の接触部)をご自身の手などで押さえ膝を伸ばしていった際痛みを誘発するかどうかを試してみて下さい。



その他、ランニングで起こりやすい膝の障害

膝蓋腱炎(ジャンパー膝)

膝蓋腱炎(しつがいけんえん)ジャンパー膝とも呼ばれるスポーツ障害です。
多くは、バレーボールやバスケットボールなどジャンプ動作を繰り返す競技や、ランニングやサッカーなど走る動作を繰り返す競技で、膝を酷使することにより起こるランニング障害です。膝のお皿(膝蓋骨)のすぐ下辺り(膝蓋腱)が痛む場合は膝蓋腱炎(ジャンパー膝)の疑いがあります。
膝蓋腱炎(ジャンパー膝)の詳細情報はこちら>>

鵞足炎(がそくえん)

鵞足炎膝の内側(下方の脛骨の周囲)痛みが生じるランニング障害です。
鵞足とは、膝を曲げたり伸ばしたりする動作に必要な縫工筋(ほうこうきん)、薄筋(はくきん)、半腱様筋(はんけんようきん) の3つの筋肉の(筋肉と骨をつなぎとめている線維組織)が、脛骨(けいこつ)の上部に付着している部分を指します。鵞鳥(がちょう)の足のような形であることから、鵞足と呼ばれています。この鵞足部分を押す足に抵抗を加えながら膝を曲げる膝を一杯まで伸ばすなどの動作で痛みを感じる方は鵞足炎の疑いがあります。



ランナー膝(腸脛靭帯炎)の診断

当院では、医師の診察、超音波画像検査やMRIなどでランナー膝(腸脛靭帯炎)の診断を行います。
診察では、上記誘発テストのほか、荷重のバランスやねじれなど、痛みの原因になる体の使い方の有無などを確認します。超音波検査で膝周辺の腱や靭帯の損傷や炎症の有無や程度を確認します。MRIで腸脛靭帯やその他痛みの原因の可能性(半月板や靭帯損傷など)周囲の炎症・損傷などを鑑別診断も含めて確認します。
※他院で患部のXp、MRIを検査された方は画像検査結果をCDでお持ちいただくことで検査の重複を防ぎ、時間やご負担を軽減することができますので必ずお持ちいただくことをお勧めします。



ランナー膝(腸脛靭帯炎)の治療方法

▼じっくり着実に治療していきたい方向け

<保存療法(※保険診療)

当院では、ランナー膝(腸脛靭帯炎)に対して、理学療法士が体の使い方のクセなどを評価し、膝に過剰に負担がかかっている原因を探り、ストレッチや筋力強化を指導させていただきます。必要であればテーピングや足底板の作成等も行い、根本的な原因を改善痛みを軽減していきます。急性期の痛みに対しては高周波温熱治療(INDIBA)超音波治療で患部の炎症を抑えていきます。

▼早めに治療したい方向け

<PRP療法 / PFC-FD療法(※保険外診療)

当院では、微細に損傷し治りきらないランナー膝(腸脛靭帯炎)に対して、PRP療法PFC-FD療法といった治療法も行なっています。患者様ご自身の血液中に含まれる血小板を利用した再生医療で、海外では10年以上の実績があり、野球の田中将大選手や、大谷翔平選手が行なったことでも知られている治療法です。
PRP療法の詳細情報はこちら>>
PFC-FD療法の詳細情報はこちら>>

<体外衝撃波療法(※保険外診療)

当院では、ランナー膝(腸脛靭帯炎)に対して、体外衝撃波治療も行っています。衝撃波を患部(膝)に照射することで除痛効果組織再生が期待できる、整形外科領域では新しい治療法になります。体操の内村航平選手が、世界選手権前に取り入れた治療法としても知られています。当院では最新型「ディオリスSD1」による体外衝撃波治療が行えます。
体外衝撃波療法の詳しい情報はこちら>>


この時期を利用して、日ごろ抱えていたケガや痛みを完治させませんか?

当院では、職員全員を対象に週1回PCR検査を行っております。安心してご来院下さい。
※また、職員新型コロナウイルスワクチン接種2回完了しております(5/16時点)。
Dr.KAKUKOスポーツクリニックの新型コロナウイルス感染症対策はこちら>>


少しでも痛みが気になる方は、お早めに一度ご来院下さい。
初診予約フォームへ

※未成年の患者様へ
初診は、基本親御様同伴でお願いしております。
診療時間【予約制】
  月・火・水・木・金・土
    午前10:00~14:00
    午後15:00~19:00

休診日:
  日曜・祝日

診療疾患:
  膝や腰の痛み、肩のコリや痛み
  関節や筋肉の痛み・しびれ
  スポーツによるケガやその予防など
★必読:キャンセルポリシー
保険診療 / 自費診療


Dr.KAKUKOオンラインクラスバナー
看護師・理学療法士・事務職募集
ページTOPに戻る