東京・渋谷・代官山の整形外科 Dr.KAKUKOスポーツクリニック 東京・渋谷・代官山の整形外科 Dr.KAKUKOスポーツクリニック 初回ご予約フォーム お問い合わせ よくある質問
スポーツ障害
TOP
TOP > スポーツ障害TOP

スポーツ障害


スポーツ障害とは、同じスポーツを続けるなど、身体の同箇所に過度な負荷が繰り返しかかることによって、筋肉や骨が酷使され、痛みなどの症状が慢性的に起こる障害のことを言います。


スポーツ障害一覧




疲労骨折

疲労骨折

疲労骨折とは、同一部位の骨に疲労が蓄積されることで起こる骨折です。
詳細はこちら>>

▲一覧へ戻る


野球肩(肩のスポーツ障害)

野球肩

痛みを発症するスポーツ障害です。野球の投球動作の他、テニス・バレーボールのサーブ・スマッシュ等、腕を大きく振る動作を繰り返すスポーツで生じる肩の痛みです。
詳細はこちら>>

▲一覧へ戻る


テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

テニス肘

肘の外側痛みを発症するスポーツ障害です。テニスを続けていると肘の痛みを感じることがあります。これがいわゆるテニス肘(テニスエルボー)で、正式名称は、上腕骨外側上顆炎というスポーツ障害です。
詳細はこちら>>

▲一覧へ戻る


ゴルフ障害一覧

ゴルフ障害

ゴルフがきっかけで発症する主なスポーツ障害の一覧です。
詳細はこちら>>

▲一覧へ戻る


ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)

ゴルフ肘

肘の内側痛みを発症するスポーツ障害です。ゴルフを続けていると肘の痛みを感じることがあります。これがいわゆるゴルフ肘(ゴルフエルボー)で、正式名称は、上腕骨内側上顆炎というスポーツ障害です。
詳細はこちら>>

▲一覧へ戻る


ランニング障害一覧

ランニング障害

ランニングがきっかけで発症する主なスポーツ障害の一覧です。
詳細はこちら>>

▲一覧へ戻る


ランナー膝(腸脛靭帯炎)

ランナー膝

ランナー膝は、正式名称を腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)と言い、陸上競技、特に長距離ランナーに多くみられるランニング障害です。足を酷使した際に膝の外側にズキズキとした痛みを感じるのが特徴です。陸上競技だけでなく、自転車競技やバスケットボールなどでも見られます。
詳細はこちら>>

▲一覧へ戻る


ジャンパー膝(膝蓋腱炎(膝蓋靭帯炎)/大腿四頭筋腱付着部炎)

ジャンパー膝

痛みを発症するスポーツ障害です。ジャンパー膝とは、バレーボールやバスケットボールなどジャンプ動作を長時間繰り返したり、サッカーのキック動作やダッシュなど走る動作を繰り返したりするなど、膝を酷使することにより起こるスポーツ障害です。
詳細はこちら>>

▲一覧へ戻る


アキレス腱周囲炎

アキレス腱周囲炎

アキレス腱痛みを発症するスポーツ障害です。アキレス腱周囲炎は、アキレス腱に繰り返し負荷がかかることにより、パラテノンや脂肪組織に炎症が生じ、肥厚したり癒着することで痛みを引き起こす障害です。
詳細はこちら>>

▲一覧へ戻る


足底腱膜炎

足底腱膜炎

足の裏痛みを発症するスポーツ障害です。足底腱膜炎は、長時間の立位や歩行、ランニングなど足底に負担の加わる動作を過剰に繰り返しことにより、足底腱膜に炎症が生じ、痛みを引き起こします
詳細はこちら>>

▲一覧へ戻る


この時期を利用して、日ごろ抱えていたケガや痛みを完治させませんか?

当院では、職員全員を対象に隔週PCR検査を行っております。安心してご来院下さい。
※また、職員新型コロナウイルスワクチン接種2回完了しております(5/16時点)。
Dr.KAKUKOスポーツクリニックの新型コロナウイルス感染症対策はこちら>>


少しでも痛みが気になる方は、お早めに一度ご来院下さい。
初診予約フォームへ

※未成年の患者様へ
初診は、基本親御様同伴でお願いしております。
診療時間【予約制】
  月・火・水・木・金・土
    午前10:00~14:00
    午後15:00~19:00

休診日:
  日曜・祝日

診療疾患:
  膝や腰の痛み、肩のコリや痛み
  関節や筋肉の痛み・しびれ
  スポーツによるケガやその予防など
★必読:キャンセルポリシー
保険診療 / 自費診療


看護師・理学療法士・事務職募集
ページTOPに戻る